現在の閲覧者数:

ククサ風カップ2017/11/11 15:57

 今年も、残り2ヶ月を切りました。筆者も年が明ければ59歳・・・あと1年で定年退職です。定年と言えば、一つ年上の親友が、来年定年退職を迎えます。定年のお祝いをしなければいけません。色々とあれこれと考えましたが、ありきたりのものでは喜んでくれません。そこで手作りのカップを贈ることにしました。

 「手作りカップ」でネット検索をかけると、面白いカップでヒットしました。そのカップは、「ククサ」と言うものです。

 ククサKUKSA)とは、フィンランド北部ラップランドに住んでいたサーメ人に古くから伝わる、白樺のコブをくり抜いて作られる手作りのマグカップです。 材料となるバハカと呼ばれる白樺のコブは、十分な大きさに育つまで30年、小さなコブでも10〜15年ほどかかるため、取れる量に限りがあり、現在では、入手困難だそうです。
 ククサ(Kuksa)は、北極圏に位置するラップランドの遊牧民サーメ人が使用していた伝統的な木製のカップのことで、厳寒の地で暮らすサーメ人は、この地で生き抜くための幸運のシンボルとしてククサを贈り合ったそうです。 この伝統から、ククサを贈られた人は幸せになると昔から言い伝えられているそうです。

 やっぱりこれでしょう(^<^)これしかない!!このカップを手作りして贈ることにしました。親友も、手作りのククサに絶対に喜んでくれるはずです。

【準備~おおまかにサイズを決める】 
 カップのサイズを決めて、おおまかに鉛筆で罫書きします。材料は、白樺のコブと言いたいところですが、そのような特殊なものは手に入りません。代用品として、ヒバの木を使いました。

【カップの高台】
 高台の大きさも決めておきます。カップの大きさは、良くあるサイズで、直径約9㎝、内径約8㎝、高さ約7.5㎝、持ち手の部分まで約15㎝にしました。


【荒堀り】
 まずカップの中を荒掘りします。ここで活躍するのが、フォスナービットです。ざっくりと掘って、8㎝のフォスナービットで掘り下げます。

【カップの形に整える】
 バンドソーで、これまたざっくりとカップの形に切り出します。それにしてもこの木は粘りがあって堅い木です。そして匂いがけっこう凄いですね、まな板にはよく使われるそうですが、カップには不向きかもしれません。


【荒く切り出したカップ】
 大きめの形に切った方が良いと思います。後々の仕上げで調整が出来るのからです。

【ひたすら掘る掘る!!】
 写真の先の曲がった彫刻刀は、モーラ #164S フックナイフ R12mm ¥3,348(税込)です。
 オフコーポレーションで購入しました。カップなどの中を削るときは、このフックナイフが活躍します。と言うか、これがないと無理ですね(^^ゞ、このナイフでひたすら掘り下げます。そしてカップの形にナイフで整えて、#150サンドペーパーで整えます。

【磨く!整える!】
ここからは、ひたすらサンドペーパーで、ただ一心不乱に磨く
凸凹を削っては磨き、削っては磨く、そしてほぼ完成です。ここからは、仕上げに入ります。仕上げは、オフコーポレーションで購入した、オリオ2で仕上げました。
NA-6 オリオ2 Sセット A液 470g + B液 235g ¥5,122(税込)


【完成】
出来上がりました。ククサ風マグカップです。オリオ2のオイルフィニッシュは3回やりました。表面はツルツルになりました。カップの樹種も一つでは面白くないので、ブラックウオールナットでも作りました。

いかがですか?手頃なカップができました。今度退職する友人にぴったりです。カップの底に文字を彫り込んでプレゼントします。

ウクレレケース♪2017/05/06 20:27

 親戚に築地市場に勤めている叔父がいます。たまたま遊びに行ったときに、家の片隅に立てかけてあった「木箱」が目に入りました。使い道を聞いたら、「何かの入れ物にしようと考えていたけど、使い道が思い浮かばなくて、そのままほったらかしにしていた。」とのこと、ならばと、さっそくいただいてきました。

 とは言うものの・・・何を作るか、何に作り替えるか?思い浮かばない・・・でもここで思考を停止すると先に進みません。ふと天袋の棚を見ると、随分と使っていない「ウクレレ」が目に入りました。ひょっとして、ウクレレケースになるかな?とひらめき、さっそく寸法合わせしてみると、オー!!ぴったし、ぴったり(^<^)、よしこれに決めた。

【一度ばらして】
 なにせ鮭を入れて運搬するだけの簡易な木箱、材質は、たぶん松だと思われます。昔から、トロ箱は、ナラ、ブナ、トドマツを使っていたそうなので、見る限りでは松のようです。魚臭いかと思いきや、長いこと外に放置してあったせいか、臭いはしませんが、簡易な木箱です。放置によるものと、隙間に、歪みは否めません。そこで釘を抜いて、一度ばらして解体します。写真は、解体後のもの、上蓋が薄すぎて使えなかったので、新たな松を接ぎ合わせて蓋を作りました。


【ウクレレのネックを納める部分】
 ウクレレを保持する大切な部分「ネック」の窪みを取り付けます。


【ついでに歪みも修理】
 解体した木箱を箱に組み直し、クランプで締めて真四角に修整します。



【箱の完成】
 木箱が完成しました。箱に印刷された「サーモン」の文字は、あえて残します。この印刷文字が、味わいになってくれます。


【仕上げ】
 小箱に、「持ち手」と「パッチン錠」を取り付け、上蓋にシールを貼ります。




【収納スペースの仕上げ】
 内張をします。鮭を入れていた木箱なので、サーモン色の「フエルト」を貼りました。



【完成と収納】

 完成しました。Famousのウクレレを入れました。ぴったりです。このウクレレケースは、友人にプレゼントすることにしました。友人は、ウクレレが大好きです。ウクレレの好きな人に使って貰うのが最良だと思いました。

物置小屋の増設!2016/10/27 16:56

 我が家の物置小屋(スチール製)も20数年以上経過、昔のサイズなので大きさも小さく、増えすぎた物が入りきらず困っていました。思い切って中身を断捨離するも、キャンプ用品とか、ガーデニング用品が入りません。そこで物置き小屋を思い切って増設することにしました。

 設置場所は、同じ所です。今のスチール製物置の隣に並べて置きたいと思います。今までに小屋と言えば、小さいガーデンシェッドは作ったことがあるので、それの大きいやつと考えれば、それほど難しくはないでしょう♪と気軽に考えて作ります。(^_^)

【参考にした本】
 毎度お世話になります(_ _)ドゥーパ!!です。学研ムックから発売されています。

        ~~~~~~~~制作日記~~~~~~~~

○小屋の大きさと簡単な設計図
幅1700mm × 奥行き700mm × 屋根の高さ2200mm(屋根の低い部分1950mm)

【側面パネルと背面パネル】


【前面パネルと土台】


【設置場所】
~平成28年11月20日(初日)制作開始~
 設置箇所は、家の裏になります。どこの家庭も普通は、家の裏とかのデッドスペースに物置小屋とかを置きますよね、いわゆる有効活用です。

              【基礎】
 まずは基礎から、なるべくお金をかけないように、そこいらに落ちている「ごろた石」をかき集めて、重量ブロックの下部分に敷きつめ、突き詰めます。

【土台枠】
 
 ここの部分だけは、腐食を考えて、防腐処理利済みのツーバイフォー材にしました。幅(奥行き)は、隣のスチール製物置と並べる関係で、ほぼ同じにしました。この時に、重量ブロックの高さを調整、根太の水平を出します。


【土台枠に構造用合板を取り付け】
~平成28年12月9日(二度目の作業)~ 
 厚さ12mmの合板を使用しました。


              【側面パネルの作成】

~平成28年12月13日(三回目の作業)~ 
 側面パネルは2枚作ります。ここで注意することは、左右対称に作るんですが、このとき補強材がパネルの内側に来るように作らないといけません。しかしながら、案の定やっちまいました。同方向に補強材を取り付けてしまいました。σ(^◇^;)

              【背面パネルの作成】
補強材が・・・・ちょっと寸足らずでした。まあ、何とかなるでしょσ(^◇^;)

背面パネルの全体です。寝かして全体を写してみました。


             【パネル同士の取り付け】
 とりあえず、側面パネルと背面パネルを取り付けます。この作業には、兎に角苦労しました。面積があることに加え重量もあるし、それを一人で運んで、取り付けてσ(^◇^;)、もう一人補助がいたらなあ~と痛感しました。

【左側面】
              【右側面】

【真横から】
 ご覧のとおり、狭い場所なので、設置作業はとても困難です。そして、この後の作業は、雨やら仕事の関係やらで中断しました。そうこうしているうちに、年末の忙しさで、気がついたら平成29年(2017年)になってしまいました。なんだかんだで1月も忙しいし,寒いし・・・残す作業は、防水シート貼り、周囲のサイディング(杉板貼り)、屋根作りドアの取り付けです。あともう少しで完成ですが、ちょっと完成まで時間がかかりそうなので、ここいらで途中経過!ですが、今の物置の状態をアップします。
 
          ~作業開始「防水シート貼りから」~

【防水シート】
 平成29年1月15日(日曜日)です。
ようやく防水シート貼りの作業開始です。本来は、ルーフィング(防水紙)という防水紙を貼るところ、これがメチャクチャ高価な代物なんです。ビバホーム、カインズ、最後は、ジョイフルホンダまで足を伸ばしましたが、買えません。ならば切り売りはないかと上記のホームセンターに聞いてみましたが、やっていとのこと・・・ならばネット販売は・・・これも切り売りなし、この物置のサイズだと10メートルもあれば、十分なのに(T_T)

 さがして探して・・・代替え品を探したところ、家の屋根の防水に使われる、上記写真の防水シートを見つけました。これだぜ!!値段も手頃だし、切り売りもあるので、通販で購入しました。

 貼り付けは簡単です。タッカーで、パッチンパッチンと留めていくだけです。この防水シートを貼ったので、次の作業に移れます。いよいよ壁のサイディングに入ろうかと思います。


        ~もう3月・・・久しぶりの作業だ!~

 3月13日(月曜日)です。本日の作業は、外壁のサイディングです。杉板を下から順番に貼っていきます。とにかく狭い裏の通路なので、作業はやりづらく、なかなかはかどりませんが、何とか貼り終えました。ふ~疲れた(T_T)

【野地板貼り】


【屋根貼り】
 屋根も貼り終わりました。防水シートがはみ出していますが、見えない部分なので気にしない気にしない(^^)/、これがDIYの良さでもあります。


 ※次回は、破風と屋根を貼ります。

3月19日です。破風と屋根貼りです。屋根貼りが大変でしたね~狭い場所での小屋作りは、本当に大変です。

【破風と屋根貼り】

小屋の後ろ側は、オンデュリン ルーフィング用 棟カバーを使って雨の吹き込みを防ぎます。


屋根は、フランス Onduline社製波板型屋根材を使いました。材質ですが、構成成分の一つは天然繊維だそうです。加工が簡単で、値段も安いので、最近は、もっぱらこの屋根材を使っています。


【横から見た図】
サイドは、こんな感じになりました。



本体の完成!!(*^_^*)

3月25日(土曜日)、ようやく本体(小屋)が完成しました。なんと4ヶ月もかかってしまいました。長かった~(^^ゞ

いつもなら1ヶ月くらいで出来上がるのに、仕事が変わったので仕方ありませんが・・・あとは、仕上げの塗装です。塗装後の完成写真は、また後日(^<^)



【ドアの取り付け】



【ドアの内側】
雨が吹き込まないように、板の継ぎ目には、このように裏から塞ぎました。


【床張り】



        いよいよ最終仕上げだ!! 


 ゴールデンウイークが来週に迫ってきた本日(24日)、所用で仕事を休んだので、最終の仕上げに取りかかります。まだ棚を取り付けていなかったので、コンパネ(ウレタン塗装されたベニヤ板)を買ってきて棚にします。棚は、荷室の左半分に、2段にしました。

【棚の取り付け】
 キャンプ道具を乗せてみました。

 ゴールデンウイークは、例年どこにも行かず、家の片付けをするのが、我が家の恒例行事、庭の片付け、物置小屋の片付けをします。

ついに完成!!(*^_^*)長かったなぁ~~

 ついに完成視しました。仕上げは、透明の防腐塗料を全体にまんべんなく、特にカラー仕上げにはしませんでした。何故なら、裏のデッドスペースに置いたわけで、誰かに見せるような代物ではないからです。




※材料~地元のカインズとネットでそろえました。
○2X4材 4本  ○コンパネ 7枚  ○重量ブロック(1/2半:)4個
○アリシスワン(防腐塗料剤) 1缶  ○野根太 12本 ○杉板 ○屋根材 オンドュリン 6枚 ○棟カバー 2枚、○防水シート(10m) ○他色々
           総額 37,926円強、なんだかんだで5万円弱くらい