現在の閲覧者数:

晩夏のビオトープ2011/08/29 08:20

 今、ビオトープには、カエルが約5匹ほど住んでいます。ビオトープの広さから考えれば、この匹数が適当なのでしょう(^^)V、このカエルは、関東の田んぼ、浅い池、沼などで見られる「トウキョウダルマガエル」です。

 ウイッキペディア、山渓ハンディ図鑑でちょっと調べてみると・・・

和名:トウキョウダルマガエル
英名:Tokyo Daruma Pond Frog
学名:Rana (Pelophylax) porosa porosa
(「マメまたはタコを持ったカエル」の意味)
分布:本州(仙台平野、関東平野、新潟県中部・南部、長野県北部・中部)
生態:平地に住んでいて、水辺からあまり離れません。繁殖期は4月下旬から7月で、水田や浅い池、沼、河川敷の水たまりなどの、浅い止水で行われます。雄は、トノサマガエルと同様にテリトリーをもち、水面に浮きながら鳴き、雌を待ちます。
体長:成体オス:39-75(平均60)mm、成体メス:43-87(平均67)mm
鳴き声:ンゲゲゲ、ンゲゲゲ・・・
トウキョウダルマガエル




【我がビオトープでは・・・】
夏も終わりのビオトープ
 鬱蒼と生い茂ったミゾソバです。ところによってはもう咲いているところもあるようです。



【バッタを狙うトウキョウダルマガエル】
バッタを狙うトウキョウダルマガエル
 偶然ですが、バッタを狙うトウキョウダルマガエルの撮影に成功しました。カエルは動くものにもの凄く反応します。



【潜むトウキョウダルマガエル】
潜むトウキョウダルマガエル
最近、ンゲゲゲ、ンゲゲゲ・・・♪と鳴くようになりました。




【これは???】
抜け殻
 抜け殻を発見しました。たぶんこれはトカゲだと思います。我が家の庭にたくさん住んでいる「カナヘビ」の抜け殻だと思われます。

ビオトープのカエル その22011/07/18 09:44

 猛暑日が続く埼玉県の我が家、ビオトープのオタマジャクシが次々とカエルに変身してくれて、良かった良かった(^^)Vと喜んでいたところ、たまたまビオトープに面した道路側で干からびたカエルを発見!!

 良く見ると結構大きいので、去年生まれたカエルであろうと推測、蟻が無数に群がっていました。

 なぜこんな事になってしまったのか?まったく分かりません?推測ですが、野良猫が近所に何匹か住みついており、ビオトープは生き物が集まる格好の場所、ネコにとっても狩り場的な場所でもあるわけで、そんな事から驚いたカエルが飛び出したか(・_・、)あくまでも推測の域を出ませんが・・・

 干からびたカエル、かわいそうなことをしました。蟻が群がっていましたが、食物連鎖の構図を垣間見た瞬間でした。
カエル干からび


            ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

その後のカエル
干からびたカエルを発見してから10日以上経過、最初は蟻の餌でしたが、今はダンゴムシが群がっています。すでにこの時点で背骨が見えているので、おそらく内蔵は全て食べられてしまっており、体の中は空っぽになっていると考えられます。

 すさまじいまでの食物連鎖です。このようにして生物界は回っているんですね、死んだカエルは、他の生き物の餌となりやがて土に帰るんです。


ビオトープのカエル2011/07/09 15:26

 関東も梅雨明けしましたね(^^)V、炎天下のビオトープですが、生き物たちは水面下で元気に生きています。

我が家のビオトープに住んでいるオタマジャクシがカエルになりました。ついでにメダカも元気です(^^)V
【ツチカエル】
カエル


【メダカ】
メダカ
 水面を泳ぐメダカです。この撮影が一番難しいですね、反射してなかなかうまく撮れません。



【シッポがまだ消えないオタマジャクシ】
睡蓮鉢のツチカエル
 この状態だとカエルでもありオタマジャクシでもあり?不思議な生き物に見えます。