現在の閲覧者数:

冬のビオトープ2011/12/02 18:20

仕事が急に忙しくなり、ここ数ヶ月をほったらかしでした。ビオトープの観察もすっかりご無沙汰のカエル徒然(・_・、)

 ところがここ数日、急に寒くなったことから、さすがにちょっとビオトープが心配^_^;、  

で、のぞいてみました。

 案の定、池の底にはゴミが溜まっておりました。

そしてあれほどうるさく鳴いていた「トノサマカエル」もいません。この狭いビオトープのどこに隠れてしまったのか?来春が楽しみです(^^)V

枯れたビオトープの植物
あれほど咲き誇っていた「ミゾソバ」が・・・


枯れた植物
ビオトープの右側は、植物観察区域として作りましたが、もう2年目になるのに、コガマの穂が出てくれません。葉っぱが繁ったあとは、ご覧のように枯れてしまいます。
 どうやら土が浅いことが原因のようです。浅い土の為に根の張りと成長がイマイチ(・_・、)、来年は、ビオトープの改修をしたいと考えています。この植物域を掘り返して底を深くすれば、植物が元気に育つはずです。

道端で拾った宝物(^^)V2011/10/10 18:57

 散歩を楽しむ人には、それぞれ色々な楽しみ方があると思います。私の場合は、草花を楽しむ他に、葉っぱの裏側を見てイモムシや昆虫を探したり、地べたに落ちている「モノ」を探すのが好きなんです。

 地べたには、綺麗な鳥の羽が落ちていたり、役目を終えた昆虫が死んでいたり、決して綺麗ではありませんが、私にとっては宝物に見えるから、結構面白いんです。

 今回、紹介するのは、鳥の卵です。公園の植え込みの下に落ちていたので、人里に巣を作る野鳥と言えば「スズメ」ですね、調べたら直径が約2㎝、色が灰色がかっており、たぶんスズメの卵だと思います。

 乾燥しており、割れてないので私にとっては宝物になりました(^^)V

【スズメの卵】
スズメの卵




【ヤマトタマムシ】

 次に拾ったのが、「玉虫」です。最近の人は、見たことがないと言う人もいるらしいので、これはナンバーワンの宝物です。これもかなり乾燥が進んでおり、ちょっと脚がちぎれていましたが、全体的に完璧な姿だったので宝物にしました。

 子供の頃は、良く捕まえていましたが、最近とんと見かけなくなりました。やはり環境悪化のせいなんでしょうか?

 拾った玉虫は、ヤマトタマムシです。奈良県の法隆寺にある玉虫厨子は、玉虫の羽を装飾に用いてあるのだとか、実物は見たことがないので、レプリカで良いのでいつか法隆寺に行ってみたいです。

 玉虫は、玉虫色とか言われたり、タンスの中に入れて置くと着物が増えると言われますが、これは迷信ですね(笑)

 【ヤマトタマムシ】
玉虫
でもこの虹色は本当に綺麗ですね(^^)V

9月も終りのビオトープ2011/09/25 13:57

 朝晩冷え込んできましたね、こないだは富士山も初冠雪とか、すっかり秋ですね(^。=)

ビオトープに繁っていたミゾソバですが、ようやく咲き始めました。昨年は、一面にピンク色の花を咲かせたのに、今年はなかなか咲きませんでしたが、一昨日辺りからポツポツと咲き始めました。

【ミゾソバ】
ミゾソバ



【サクラタデ】
サクラタデ
 ビオトープを作って楽しい事、嬉しいことはたくさんありますが、なかでも植えた覚えのない「花・植物」が勝手に咲いたり根付いたときは、自然の不思議さに驚くとともに感激します。
 今回見つけたのが、「サクラタデ」です。ミゾソバも可憐で美しいですが、このサクラタデの美しさには驚かされました。


※ サクラタデ 温地に生える多年草。高さ50~100㎝、無毛。花はやや密集して穂状につき、淡紅色、8~10月。本州・四国・九州、朝鮮。


サクラタデ
 その名のとおり、桜のような花をびっしりつけています。淡いピンク色がとっても綺麗です。
 ビオトープには、この一本だけなんですね、どうやって運ばれたのか・・・たぶん鳥さんではないかと・・・ヽ(。_゜)ノ?



【トウキョウダルマガエル】
トウキョウダルマガエル
そしてこのビオトープの住人です。トウキョウダルマガエルですね、毎日「ンガガ♪ンガガ♪」と鳴いていますが、ミゾソバの隙間に隠れてなかなか顔を出してくれないところを激写しました。今のところの生息数は3匹です。