現在の閲覧者数:

号外!カエルが消えた・・・(;´・ω・)2016/04/19 07:57

 春です♪あらゆる生命が動き出します。

我が家の庭池も例外ではありません。植物がメダカが、クチボソが、活発に動き出します。そんな春先のこと、二年越しの「オタマジャクシ」が、ついにカエルになったんです。

 このオタマジャクシは、二年前に、近所の田んぼで魚を取ってきたときに、タモ網に、たまたま入っていたオタマジャクシでした。このオタマジャクシを見たところ、どうやらウシガエルのようです。普通のサイズよりかなり大きいので、調べたところ、ウシガエルに間違いありませんでした。


でも今のこの季節は、暖かくなったり、急に寒くなったりと季節は変化します。暖かい日は、とっても元気にしていた「蛙」ですが、急に寒くなってきた三月の後半、そんな季節変化についていけなかったのか、土管の中でジッとして動きませんでした。ところが、ある日のこと、件のカエルがいつの間にか消えてしまったんです。カワズ飛び込む水の音もしないし、動きもありません。いなくなって1週間経過、どうやら、近所の猫の餌食になってしまったようです。そうとしか思えません。体力が戻る前に猫に捕まってしまったんでしょうか・・・





姫睡蓮が咲いた( ^ω^ )ニコニコ2015/09/21 16:34

 この夏にホームセンターで買ってきた姫睡蓮♪、池の睡蓮鉢に植えておいたところ、この夏の猛暑(暑いぞ熊谷!!の隣の我が町もι(´Д`υ)アツィー)で、しばらくは元気がなくて、なかなか花が咲きませんでした。そして秋雨の長雨で尚も花が咲かない( 。-_-。)、でもようやく涼しくなってきた今日この頃、「姫睡蓮」が咲いてくれたのです。ほぼ一ヶ月遅れの開花ですね、でも咲いて良かった。黄色いと言うかクリーム色の小さい花が咲きました。

【姫睡蓮】
姫睡蓮とカエル
※睡蓮や空少しずつ高くなり~大和田鏡子
残念ながら花の名前を忘れてしまいました。

庭池のカエル2015/06/14 13:03

水質も生き物たちも落ち着いてきた庭池ビオトープです。特にカエル君達が元気なので紹介します。

【トウキョウダルマガエル】



※このな長い植物は、コガマです。





   【 説 明 】

和名:トウキョウダルマガエル

英名:Tokyo Daruma Pond Frog
学名:Rana porosa porosa
(「マメまたはタコを持ったカエル」の意味)

分布
本州(仙台平野、関東平野、新潟県中部・南部、長野県北部・中部)
生態
平地に住んでいて、水辺からあまり離れません。繁殖期は4月下旬から7月で、水田や浅い池、沼、河川敷の水たまりなどの、浅い止水で行われます。雄は、トノサマガエルと同様にテリトリーをもち、水面に浮きながら鳴き、雌を待ちます。
体長
成体オス:39-75(平均60)mm
成体メス:43-87(平均67)mm
鳴声
ンゲゲゲ、ンゲゲゲ・・・

解説

トウキョウダルマガエルは、大きさも形もトノサマガエルによく似ていて、間違えやすいですが、ダルマガエルの基亜種です。トノサマガエルとダルマガエルの雑種起源説がありますが、蛋白組成からみると亜種ダルマガエルとほとんど変わりませんが、トノサマガエルとはまるで違っています。トノサマガエルとの違いは、黒い斑紋が独立してはっきりしています。雌雄で、体色が違いません。また、トノサマガエルとは、分布域もあまり重複していません。

コメント
鹿児島生まれの私にとっては、分布域から言ってもトウキョウダルマカエルは初めて知ったトノサマカエルでした。そしてトノサマカエルは、子供の頃からもっとも身近なカエルの一つでした。カエル釣りは楽しい思い出の一つです。しかし、最近はめっきり見かけることが少なくなりました。こちら埼玉に引っ越してきたころは、住宅街の周りの田んぼも数多くあって、散歩に行ってもあちこちで、ンゲゲゲ、ンゲゲゲ・・・ ですが、ここ2~3年の田んぼの激減、そして環境の変化のせいか、激減しています。カエルは、生き物の底辺に棲むものです。食物連鎖の大事な担い手でもあります。この蛙たちを観察することは、環境変化を観察することでもあります。願わくば次世代でも元気な蛙たちが見られることを祈りたいです。