現在の閲覧者数:

ウクレレケース♪2017/05/06 20:27

 親戚に築地市場に勤めている叔父がいます。たまたま遊びに行ったときに、家の片隅に立てかけてあった「木箱」が目に入りました。使い道を聞いたら、「何かの入れ物にしようと考えていたけど、使い道が思い浮かばなくて、そのままほったらかしにしていた。」とのこと、ならばと、さっそくいただいてきました。

 とは言うものの・・・何を作るか、何に作り替えるか?思い浮かばない・・・でもここで思考を停止すると先に進みません。ふと天袋の棚を見ると、随分と使っていない「ウクレレ」が目に入りました。ひょっとして、ウクレレケースになるかな?とひらめき、さっそく寸法合わせしてみると、オー!!ぴったし、ぴったり(^<^)、よしこれに決めた。

【一度ばらして】
 なにせ鮭を入れて運搬するだけの簡易な木箱、材質は、たぶん松だと思われます。昔から、トロ箱は、ナラ、ブナ、トドマツを使っていたそうなので、見る限りでは松のようです。魚臭いかと思いきや、長いこと外に放置してあったせいか、臭いはしませんが、簡易な木箱です。放置によるものと、隙間に、歪みは否めません。そこで釘を抜いて、一度ばらして解体します。写真は、解体後のもの、上蓋が薄すぎて使えなかったので、新たな松を接ぎ合わせて蓋を作りました。


【ウクレレのネックを納める部分】
 ウクレレを保持する大切な部分「ネック」の窪みを取り付けます。


【ついでに歪みも修理】
 解体した木箱を箱に組み直し、クランプで締めて真四角に修整します。



【箱の完成】
 木箱が完成しました。箱に印刷された「サーモン」の文字は、あえて残します。この印刷文字が、味わいになってくれます。


【仕上げ】
 小箱に、「持ち手」と「パッチン錠」を取り付け、上蓋にシールを貼ります。




【収納スペースの仕上げ】
 内張をします。鮭を入れていた木箱なので、サーモン色の「フエルト」を貼りました。



【完成と収納】

 完成しました。Famousのウクレレを入れました。ぴったりです。このウクレレケースは、友人にプレゼントすることにしました。友人は、ウクレレが大好きです。ウクレレの好きな人に使って貰うのが最良だと思いました。

コメント

トラックバック