現在の閲覧者数:

ついに池の漏水を止めた!!「漏水でお悩みの方へ」2016/10/10 18:00

          Le Jardin Ensoleile
    (ル・ジャルダン・アンソレイエ~日溜まりの庭)

 既存の花壇を池に作りかえてから1年が過ぎました。作って直ぐに水漏れを発見、ありとあらゆる方法を試しましたが、水漏れは止まらず、仕方なく最後の手段として、池にプールライナーを貼る方法で漏水を止めました。
 ところが、最初はうまくいっていたプールライナーも、池に乗せただけだったことから、ライナーとコンクリート面の隙間に雨水が徐々に貯まってきてしまい、その溜まり水が腐って臭いがするようになったのです。最終的な池作りもこれでお終いか・・・、がっかり(>_<)、最悪埋め戻そうかと真剣に考えました。でも、大好きな池と金魚飼育、せっかく作った「池」を埋め戻すのは、やはり悲しいし、今までの労苦が、それこそ水の泡になってしまいます。
           
        《《《《《漏水、基本に戻って》》》》

 止水・漏水について色々と探し回っていたら、究極の止水・施工方法を見つけたので、完全止水に至るまでの工程を掲載します。
 

           【今までやった止水】

【挑戦1:米ぬか】
 これは、昔から使われてきた基本的な漏水止め方法です。近くの農協にあるコイン精米機から、バケツ1杯ほどを貰ってきて、水を満杯に張った池に投入する簡単なものです。この方法は、数回試しましたが、うまくいきませんでした。理由は、おそらくですが、米ぬかの大きさに関係するものと思われます。要するに池の、漏水している「穴?亀裂?」の方が大きいために止まらなかったものと思われます。そしてこの米ぬかの最大の欠点ですが、米ぬかは、直ぐに腐ります。汲み出すときの臭さときたら、それは凄いです。試したい方は、注意してください。


【挑戦2:ペルプラグ】
 この「ペルプラグ」これを見つけたときは、究極!!と喜び、狂喜乱舞したものでした。ペルプラグは、「良質のアメリカ産ベントナイトを圧縮し、粒状(ペレット状)にしたものです。膨潤度が高く止水力に優れており、直接池に投入するだけで優れた止水効果を発揮します。」というものです。この製品を使ったときは、最初のうちは漏水は止まりましたが、2~3週間もすると徐々に水が減り始めて、結局もとの漏水状態に戻ってしまいました。やはり池のどこかにある亀裂、目に見えない穴の方が、大きいのでしょう。これも数回試しました、結局はうまくいきませんでした。
 商品名:ペルプラグベントナイト産業株式会社
 購入先:☆サンプル☆
■ペルプラグ 2kg入り小袋 ・・・ 販売価格 2,270円(税込)

【ペルプラグ投入直後】
 ペルプラグを投入してかき混ぜるとこのように白濁します。投入後に暫く放置して水位が止まるまで待ちます。水を足して水位が下がらなければ成功です。この製品は、大きい亀裂や穴あきには使えません。いわゆる、乾燥収縮や膨張などによって生じ、表面に生じた小さなひび割れである「ヘアークラック」や「チェッキング」などに効果があり、設計・施工上の欠陥によって構造内部から生じたひび割れを「構造クラック」や「クラッキング」と呼ぶそうですが、このようなものには効果はありません。
 ※漏水で悩んでおられる方は、良く考えてから購入されることをおすすめします。


【最終手段:1、プールライナー】

 プールライナーは、アマゾン、楽天などで販売しています。大きさは様々なものがあります。今回の施工は、非常に苦労しました。このプールライナーですが、厚さが0.5mmあって、大きい池に施工するには問題なく広げられますが、この池のように四角く角のある池にはなじみません。やってから気がつきましたが、もう後の祭りでした(>_<)、無理矢理折り込んで、たたみ込んで、敷き詰めて、縁は写真のように、木材を乗せて無理矢理コンクリートネジで止めました。
 雨水が入り込んだ場所は、左端のポールの立っている場所で、ここだけが、複雑な形になっており、プールライナーを折り込むことはできない形状だったことから、途中に木材を渡してライナーを張りました。
 ※これから、プールライナーで池を作ろうと考えている人は、くれぐれも、四角い池や小さい池には敷きつめないことです。どうしても折り返しができるので、この折り返し部分(皺)に厚みが出来てしまい、見栄え悪くなります。


【最終手段:2、ビニローゼスプレー】
 セメント(モルタル・コンクリート)で池を作るときは、セメントそのものを防水する必要があり、こねるときに防水剤を投入します。一般的に良く知られているのは、「マノール防水剤」です。セメントが完全硬化したら、ビニローゼを刷毛塗りして防水仕上げをします。普通は、このビニローゼ塗布で完成するのですが、今回の池は、なぜか失敗、何回塗っても水漏れします。そこで、厚塗りするばかりの液体のビニローゼから、霧状に吹き付けるビニローゼスプレーを吹き付ければうまくいくのではないかと考えて、数回に分けて塗装してみましたが、やはり水漏れします。やはり目に見えないクラックは、スプレーでも浸透しきれないようです。もうお手上げです。(>_<)


          

【究極の施工方法】
 そこでもう一度、基本に立ちかえって考えてみようと思い、塗ったセメントについて考えてみました。一番簡単な方法は、セメントを壊して塗り直すこと、しかしこれだと大量のセメントの廃棄方法に問題があります。それこそ産業廃棄物扱いとなり、簡単に市のゴミとして出すことはできません。

 セメントを壊さないで水漏れを止める方法を考えなくては・・・前記の4つの方法は全て失敗(>_<)
 でも一つだけ試していない方法がありました。その方法とは、液状ゴムを塗布する方法です。液状ゴムとは、『乾けばゴムになる! アメリカで開発された新しいゴム・コーティング剤です。金属・木製品・硝子・プラスチック・コンクリート・繊維などの表面に柔軟性のある合成ゴム膜を形成し、空気や水を遮断し、金属のサビや木材の腐食を防止します。』というものです。そこで、ネットでゴム関連に関する「防水」をキーワードに検索をかけてみたところ、見つけました!!とうとう見つけました(T_T)、苦節1年あまり・・・

      《《《《《これぞ究極の止水方法》》》》》
  池の漏水でお悩みの方は、是非こちらを利用されると良いでしょう!!
 
○カチオン系ポリマーセメント床用下地調整塗材「アンダーテックスS」
  1. 硬化体は耐溶剤性に優れ、ウレタン防水・シート防水の下地調整として最適です。
  2. 刷毛塗り、吹付けが可能で現場に合わせた施工方法が選択できます。

    1. 一般建築物の内外装
    2. ウレタン防水・シート防水の下地調整材
    3. 下地調整 0.5~2mm厚

このアンダーテックスSは、非常に優れた性能を持っています。モルタル・コンクリートでの池作りは、仕上げにビニローゼ塗膜をして防水としますが、失敗すると、このビニローゼ塗膜がくせ者で、コンクリを塗り直そうにも、モルタル・コンクリートが、ビニローゼの上には、乗らないからです。ところが、このアンダーテックスSは、ビニローゼなどの塗膜の上から塗ることができる優れものです。

【アンダーテックスSの塗装】

垂直のモルタル面、コンクリート面は、ビニローゼ塗膜がなくても、垂れてしまい簡単には、塗装できませんが、アンダーテックスSなら、垂れることもなく塗装できます。刷毛でもローラーでも塗ることができ、塗った直後から硬化がはじまりますが、上塗りができるので、とても扱いやすいセメントです。

次の作業へ


一液性のゴムアスファルト系塗膜防水材 「ガスファルト」
 次に紹介するのが、このガスファルトです。「アンダーテックスS」が、完全硬化したならば、次の作業へ移ります。


【「ガスファルト」】

 ガスファルトを塗った状態の画像です。塗った直後は。茶色ですが、硬化が始まると、黒く変色してきます。結構早く硬化が始まります。
 全体が黒く変色したので、これで防水できた!と狂喜乱舞♪漏水していないか、試しに水を貯めてみました。成功でした。一晩、放置しても、全く問題ありません。翌日、魚にとっての毒、「あく」も見抜けただろうと思い、金魚を入れるために水を抜こうとすると?あれ?ガスファルトがなんか変?見ると、部分部分、所々にふやけたようになっています。手で触ると、「ずるり」と剥げてしまいます。
 なんと言うことでしょう(T_T)、取説では、硬化すれば、防水できるとあったので、販売会社に問い合わせのメールをしたところ、直ぐに回答がありました。本来ならば、黒く変色した段階で、完全硬化するところ、アンダーテックスを塗装した段階で、内部に残存する水分があったことが原因とのことでした。そういえば、9月は、台風と長雨でいつも雨が降っていました。

※ここからは、販売店からの対策メールです。

>メーカー技術者にも見せました。原因は乾燥養生時間不足という事でした。
>下地や塗膜に水分が残っていたと思われます。この場合、技術者によると72   時間乾燥養生が望ましいそうです。

対策として

>現状をよく乾燥させて頂き、剥げた部分を当初のように再塗布していただき、今度はたっぷり乾燥養生時間を取っていただき、水張り試験(水が漏れてないか)を行って下さい。

>さらにガスファルト表面は非常にデリケートですので、モルタルか水性塗料(骨材入りが望ましいです)で防水保護層を設置願います。
>下地調整でご利用頂いたアンダーテックスSでも可です。

 とこのような分かりやすい丁寧な回答をいただきました。そして、ここからがいよいよ最終仕上げです。対策どおりに、余ったアンダーテックスSをガスファルトの上から塗装します。塗るたびに不思議です。普通は、ゴムとかビニローゼとかの上には、セメントは絶対に乗りませんが、このアンダーテックスSは、問題なくのっていきます。

【ガスファルトの保護のため、アンダーテックスSを塗る】
 完全に硬化したならば、この段階で水を満水にして、漏水試験とアク抜きをします。セメントには、魚にとって有害な、水酸化カルシウムが大量に含まれています。つまり強いアルカリ物質ですね、水を貯めてアクアマリンソフトを入れてアク抜きします。2~3時間も放置すればアク抜きができます。そして、さらに安全のために、ビニローゼ塗装で、残存アルカリ物質が水中に溶け出さないよう最終仕上げをします。これで最終仕上げとなります。


【アクアマリンソフト】
八洲薬品のアクアマリンソフト

【アク抜き】

 写真でも分かるように、水面に「アク」が浮いています。


【塗装】
 いよいよこれが本当の最終仕上げです。今回は、アトムペイントから販売されている「池用塗料」で、色は、黒を使用しました。なぜ黒かというと、錦鯉や金魚の色が映えるからです。完全に乾いて固まったら、これも水を一度貯めて、シンナー臭とかを飛ばします。

【池用塗料】

【完成した壁泉池】 



 壁面の黒、底面の五色石とのコントラストが綺麗です。


 いやはや、本当に長い漏水対策でした。台風や長雨の影響もあって、随分と時間がかかってしまいました。お待たせしました。この池を癒やしの池として愛でてくださる名前も知らない通行中の皆様、郵便屋さん、新聞屋さん、宅配の皆様、本当にお待たせしました。

 最後に、この漏水対策の救世主である。ガスファルト、アンダーテックスSの販売元である、「有限会社ひかり化成」に厚く御礼を申し上げます。また、使用に際して、何回も何回もメールしたにもかかわらず、直ぐに回答をしていただきました、同社の「中村様」本当にありがとうございました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。






お箸を作ってみました!2016/10/24 09:13

 木工新作シリーズですが、今回は、お箸を作りました。スプーン、フォーク、レンゲ、しゃもじ等は作りましたが、お箸だけは作っていなかったので、今回は、お箸に挑戦です。

 今回のお箸は、竹です。竹箸は、丈夫で長持ち、手触りも口当たりも良いので、私は、塗り箸よりも好きかも(^^)/

 友人からいただいた孟宗竹の乾燥具合も良くなったので、およそ25㎝くらいにぶった切り(笑)そして、一辺がおよそ1㎝の四角形のものを鉈でパンパンと縦割りにして割っていき、取れるだけとります。

 あとは削るだけ、ナイフで、ひたすら削るだけ・・・形を整えてできあがり、もう一つは、お箸作成用の治具を使いました。治具に、材料(竹)を乗せてカンナで削るだけです。男性用は、24㎝前後、女性用は、21~22㎝前後なので、サイズを調整します。

 仕上げは、食物用のウレタンニスを塗って完成です。



物置小屋の増設!2016/10/27 16:56

 我が家の物置小屋(スチール製)も20数年以上経過、昔のサイズなので大きさも小さく、増えすぎた物が入りきらず困っていました。思い切って中身を断捨離するも、キャンプ用品とか、ガーデニング用品が入りません。そこで物置き小屋を思い切って増設することにしました。

 設置場所は、同じ所です。今のスチール製物置の隣に並べて置きたいと思います。今までに小屋と言えば、小さいガーデンシェッドは作ったことがあるので、それの大きいやつと考えれば、それほど難しくはないでしょう♪と気軽に考えて作ります。(^_^)

【参考にした本】
 毎度お世話になります(_ _)ドゥーパ!!です。学研ムックから発売されています。

        ~~~~~~~~制作日記~~~~~~~~

○小屋の大きさと簡単な設計図
幅1700mm × 奥行き700mm × 屋根の高さ2200mm(屋根の低い部分1950mm)

【側面パネルと背面パネル】


【前面パネルと土台】


【設置場所】
~平成28年11月20日(初日)制作開始~
 設置箇所は、家の裏になります。どこの家庭も普通は、家の裏とかのデッドスペースに物置小屋とかを置きますよね、いわゆる有効活用です。

              【基礎】
 まずは基礎から、なるべくお金をかけないように、そこいらに落ちている「ごろた石」をかき集めて、重量ブロックの下部分に敷きつめ、突き詰めます。

【土台枠】
 
 ここの部分だけは、腐食を考えて、防腐処理利済みのツーバイフォー材にしました。幅(奥行き)は、隣のスチール製物置と並べる関係で、ほぼ同じにしました。この時に、重量ブロックの高さを調整、根太の水平を出します。


【土台枠に構造用合板を取り付け】
~平成28年12月9日(二度目の作業)~ 
 厚さ12mmの合板を使用しました。


              【側面パネルの作成】

~平成28年12月13日(三回目の作業)~ 
 側面パネルは2枚作ります。ここで注意することは、左右対称に作るんですが、このとき補強材がパネルの内側に来るように作らないといけません。しかしながら、案の定やっちまいました。同方向に補強材を取り付けてしまいました。σ(^◇^;)

              【背面パネルの作成】
補強材が・・・・ちょっと寸足らずでした。まあ、何とかなるでしょσ(^◇^;)

背面パネルの全体です。寝かして全体を写してみました。


             【パネル同士の取り付け】
 とりあえず、側面パネルと背面パネルを取り付けます。この作業には、兎に角苦労しました。面積があることに加え重量もあるし、それを一人で運んで、取り付けてσ(^◇^;)、もう一人補助がいたらなあ~と痛感しました。

【左側面】
              【右側面】

【真横から】
 ご覧のとおり、狭い場所なので、設置作業はとても困難です。そして、この後の作業は、雨やら仕事の関係やらで中断しました。そうこうしているうちに、年末の忙しさで、気がついたら平成29年(2017年)になってしまいました。なんだかんだで1月も忙しいし,寒いし・・・残す作業は、防水シート貼り、周囲のサイディング(杉板貼り)、屋根作りドアの取り付けです。あともう少しで完成ですが、ちょっと完成まで時間がかかりそうなので、ここいらで途中経過!ですが、今の物置の状態をアップします。
 
          ~作業開始「防水シート貼りから」~

【防水シート】
 平成29年1月15日(日曜日)です。
ようやく防水シート貼りの作業開始です。本来は、ルーフィング(防水紙)という防水紙を貼るところ、これがメチャクチャ高価な代物なんです。ビバホーム、カインズ、最後は、ジョイフルホンダまで足を伸ばしましたが、買えません。ならば切り売りはないかと上記のホームセンターに聞いてみましたが、やっていとのこと・・・ならばネット販売は・・・これも切り売りなし、この物置のサイズだと10メートルもあれば、十分なのに(T_T)

 さがして探して・・・代替え品を探したところ、家の屋根の防水に使われる、上記写真の防水シートを見つけました。これだぜ!!値段も手頃だし、切り売りもあるので、通販で購入しました。

 貼り付けは簡単です。タッカーで、パッチンパッチンと留めていくだけです。この防水シートを貼ったので、次の作業に移れます。いよいよ壁のサイディングに入ろうかと思います。


        ~もう3月・・・久しぶりの作業だ!~

 3月13日(月曜日)です。本日の作業は、外壁のサイディングです。杉板を下から順番に貼っていきます。とにかく狭い裏の通路なので、作業はやりづらく、なかなかはかどりませんが、何とか貼り終えました。ふ~疲れた(T_T)

【野地板貼り】


【屋根貼り】
 屋根も貼り終わりました。防水シートがはみ出していますが、見えない部分なので気にしない気にしない(^^)/、これがDIYの良さでもあります。


 ※次回は、破風と屋根を貼ります。

3月19日です。破風と屋根貼りです。屋根貼りが大変でしたね~狭い場所での小屋作りは、本当に大変です。

【破風と屋根貼り】

小屋の後ろ側は、オンデュリン ルーフィング用 棟カバーを使って雨の吹き込みを防ぎます。


屋根は、フランス Onduline社製波板型屋根材を使いました。材質ですが、構成成分の一つは天然繊維だそうです。加工が簡単で、値段も安いので、最近は、もっぱらこの屋根材を使っています。


【横から見た図】
サイドは、こんな感じになりました。



本体の完成!!(*^_^*)

3月25日(土曜日)、ようやく本体(小屋)が完成しました。なんと4ヶ月もかかってしまいました。長かった~(^^ゞ

いつもなら1ヶ月くらいで出来上がるのに、仕事が変わったので仕方ありませんが・・・あとは、仕上げの塗装です。塗装後の完成写真は、また後日(^<^)



【ドアの取り付け】



【ドアの内側】
雨が吹き込まないように、板の継ぎ目には、このように裏から塞ぎました。


【床張り】



        いよいよ最終仕上げだ!! 


 ゴールデンウイークが来週に迫ってきた本日(24日)、所用で仕事を休んだので、最終の仕上げに取りかかります。まだ棚を取り付けていなかったので、コンパネ(ウレタン塗装されたベニヤ板)を買ってきて棚にします。棚は、荷室の左半分に、2段にしました。

【棚の取り付け】
 キャンプ道具を乗せてみました。

 ゴールデンウイークは、例年どこにも行かず、家の片付けをするのが、我が家の恒例行事、庭の片付け、物置小屋の片付けをします。

ついに完成!!(*^_^*)長かったなぁ~~

 ついに完成視しました。仕上げは、透明の防腐塗料を全体にまんべんなく、特にカラー仕上げにはしませんでした。何故なら、裏のデッドスペースに置いたわけで、誰かに見せるような代物ではないからです。




※材料~地元のカインズとネットでそろえました。
○2X4材 4本  ○コンパネ 7枚  ○重量ブロック(1/2半:)4個
○アリシスワン(防腐塗料剤) 1缶  ○野根太 12本 ○杉板 ○屋根材 オンドュリン 6枚 ○棟カバー 2枚、○防水シート(10m) ○他色々
           総額 37,926円強、なんだかんだで5万円弱くらい