現在の閲覧者数:

ベルトディスク サンダーのペーパー再生2016/09/25 09:09

 ベルトディスクサンダーのペーパーは、番手によっても違いますが、特に#120、#240と目の細かいものほど、直ぐに目詰まりして、使えなくなります。アマチュア木工家の最大の悩みでもあります。

 私が、目詰まり対策として、まず購入したのが、ベルトクリーナーです。ゴムの塊みたいなもので、回転するペーパーに当てて目詰まりを取り除きます。番手の荒いものだと、綺麗に取れて長持ちしますが、目の細かいものだと、クリーナーでも限界があります。

 そこで考えついたのが、ペーパーの再生です。目詰まりのほとんどが木屑なので、水に浸してふやかせば、目詰まりが取れるのではないかと考えたのです。

        早速、やってみました!!(^o^)

【リョービ(RYOBI) ベルトディスクサンダー :ベルト寸法100×915mm ペーパー径150mm BDS-1000 635500A】                              
 現在、私の使っているベルトディスクサンダーです。これを購入してから飛躍的に作業や仕上がりが格段に進歩して良くなりました。

【SK11(エスケー11) ベルトクリーナー】
 これが、そのゴムの塊みたいな、クリーナーです。回転するペーパーに押しつけると、消しゴムのかすみたいなものが出来て、ゴミを巻き込んで取れていきます。おそらく摩擦熱を利用しているんだと思います。


【エンドレスベルト】
 普段使っているペーパーです。値段も2枚入りで、1000円以上はします。決して安いものではありません。


        ここからは、やり方です。(^^)/
 
【目詰まりしたペーパーを水に漬ける】
 バケツ等に水を張り、完全に水に漬けて、一晩おきます。暫くすると、濁ってきます。木屑が浮いてくるのが分かります。
 一晩漬けておいたものを取り出します。この段階で流水で流すと、ほとんどが取れてしまいますが、もう少し落としましょう!金ブラシ等で水洗いしながら洗います。

【乾燥】
 天日で干して、良く乾燥させます。真っ白に目詰まりして、クリーナーでも取れなかったものが、綺麗になりました。新品同様とまではいきませんが、1回は再生して使えるようです。
 ※この再生方法は、ご自身の責任と判断で行ってください。決して推奨するものではありません。