現在の閲覧者数:

焼き印を作る!2016/03/08 14:00

焼き印(焼印)を作ろうと思いました。焼印は、1個持っているのですが、大きい作品用に作ったものだったので、小さい作品には、押せません。そこでまたネットの活躍です。何気に焼印を調べていたら、自分で作れることが分かりました。小さい作品用に早速作りたいと思います。ついでに焼印を英語で何て言うのか?気になったので、調べてみたところ

<(焼き印)焼印>は、brand と言うんですね( ^ω^ )

※ここからが制作!道具を用意します。焼印作りに必要な道具は、

① 真鍮の丸棒(今回は、直径15㎜を用意しました。尚、四角形が好きな人

 は角棒でも可)

② ダイヤモンドビット(金属研磨用)今回、用意したのは、先端が、球形の

 ものや楕円、円錐状のものなど、セットになったものでした。近くのホーム

 センター「カインズ」で安かったもので(;^ω^)

③ペン型電動ドリル(これがないと、今回のような細かい作業はできませ

 ん。)

の3つです。

【真鍮の丸棒・ダイヤモンドバー】

左の金属の棒が真鍮の丸棒です。その隣が、ダイヤモンドビット

【ペン型電動彫刻ドリル】

随分と昔のこと、「ドイト」ってホームセンターがありましたよね、あの頃は、私たちアマチュア木工家の聖地でした(^▽^)、この店で、安売りしていたので買っといたものです。これは彫刻用の回転電動ドリルです。

【完成】

ゆっくりと少しずつ、ちょっとずつ削っていきます。文字は、篆刻文字を彫りました。名前に「福」がつくので、この字で。時間的には、3時間ほどで掘れましたが、もう少し深く掘ったほうが良いかもしれません。

【4㎜の真鍮棒に取り付け、柄を付けて完成】

焼印の中心に4㎜の穴を空けて叩き込んで完成です。

【実際に押してみる】

上は堅い材木に、下は柔らかい材木に、それぞれ押してみました。ちゃんと押せました。ちなみに文字は何でも良いのですが、やはり簡単な文字や絵が彫りやすいし、作りやすいです。焼印の文字は、何でも良いのですが、あまり複雑なものは、ビットが滑りやすいし、切削面が小さいため、難しいと思います。今回の文字は、篆刻文字にしました。篆刻文字の調べかたは、インターネット上にあるので、興味のある人は調べて見ると面白いです。参考ですが、文字は、反転した文字(鏡文字)を彫るんですよ( ^ω^ )ニコニコ