現在の閲覧者数:

ビオトープのカエル その22011/07/18 09:44

 猛暑日が続く埼玉県の我が家、ビオトープのオタマジャクシが次々とカエルに変身してくれて、良かった良かった(^^)Vと喜んでいたところ、たまたまビオトープに面した道路側で干からびたカエルを発見!!

 良く見ると結構大きいので、去年生まれたカエルであろうと推測、蟻が無数に群がっていました。

 なぜこんな事になってしまったのか?まったく分かりません?推測ですが、野良猫が近所に何匹か住みついており、ビオトープは生き物が集まる格好の場所、ネコにとっても狩り場的な場所でもあるわけで、そんな事から驚いたカエルが飛び出したか(・_・、)あくまでも推測の域を出ませんが・・・

 干からびたカエル、かわいそうなことをしました。蟻が群がっていましたが、食物連鎖の構図を垣間見た瞬間でした。
カエル干からび


            ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

その後のカエル
干からびたカエルを発見してから10日以上経過、最初は蟻の餌でしたが、今はダンゴムシが群がっています。すでにこの時点で背骨が見えているので、おそらく内蔵は全て食べられてしまっており、体の中は空っぽになっていると考えられます。

 すさまじいまでの食物連鎖です。このようにして生物界は回っているんですね、死んだカエルは、他の生き物の餌となりやがて土に帰るんです。


コメント

トラックバック